読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スポーツとリネージュ

リネージュとテニス観戦ブログ

リネージュの問題点@2016

【拝啓 リネージュサービスチーム様】

課金攻勢連発、重課金ゲーム、札束ゲー

散々言われているリネージュ

主に、最終装備を課金で入手する点、入手する為には現金を使用したギャンブルを強いる事からこのようにユーザーから言われるようになった。

まあ、月々1万円、2万円ならユーザーの平均年齢が高いこのレトロゲームなら運営費も必要だろうと納得もできるものだが…中には期待値ウン十万円必須とか、確実に入手するには◯千万円掛かる等、ベースとなる確率が明かされていない為、嘘か誠かわからないが耳を疑いたくなるような金額が掛かるとなると、流石に呆れると言うか、バカバカしいというか…(笑)

 

ここからは私的見解

こうなった背景に、韓国リネージュ(※開発元NCsoft)では、ユーザーvsユーザー(PvP)が活発に行われいて、競争心を煽った事でゲームが盛り上がっている点が挙げられる。

韓国でのリネージュは、老舗MMORPG大人気タイトルで、月額とアイテム課金という運営スタイルだ。

多数のユーザーから支えられた安定した収益から、安定したコンテンツ開発。アイテム課金で得られる莫大な収益。当然、運営、開発共に力が入るでしょう。

日本リネージュ(※NCJAPAN)では、PvPが流行らず、早い段階から見切りをつけ、NonPvP鯖を増やす運営スタイルに方向転換するも、ユーザー数を回復するには至らず、基本無料のアイテム課金に移行していく。

そして、韓国リネージュの仕様を、基本無料のアイテム課金に舵を切った日本リネージュに適用。結果、一行目に戻るという事となる。

 

日本リネージュの改善点は二つ。

NonPvPからの脱却と、日本独自狩場の廃止。

要は韓国リネージュ仕様にする事なのだ。

ハーディン、オリムクエストの成功に味をしめ、日本独自開発に移行した結果がこの有様。

独自開発する予算も人材も乏しいなら本国の仕様にしましょうよ。

と、私は言いたい。

 

だが、日本リネージュ運営チームはここにきてさらなる人材の募集に着手している。

http://recruit.ncjapan.co.jp/cyuuto

私の意見なんぞ吹き飛ばすほどのプロ意識を見せつけてもらいたい。

2017年の飛躍を心よりお祈りしています。